ヘッドフォンアンプのオペアンプ MUSES02 に変えてみました

昨年2009年8月23日にご紹介した、ヘッドフォンアンプ imAmp の内蔵オペアンプの交換の話の第2弾です。



昨年5月20日に新日本無線(株)から「オーディオ用オペアンプのフラグシップモデル MUSES(ミューズ) 」と名付けられたオペアンプ MUSES01 が発売になりました。

早速試したかったのですが、企業向けで個人向け販売はしないとの事。


そのうち、個人向けも始めるかなと思いながらやや忘れかけた12月8日に、MUSES02 も発売になり、個人向け販売も行うと発表されました。



それで商品を扱っていて個人向け販売もする「秋月電子通商」のホームページから23日に申し込みました。


画像


値段は3400円、送料500円、代引き手数料300円、計4200円也。高い

音も聴いてないのにこんなに高価なものをポチットな!していいんでしょうか


で、昨日届きました。

画像



今日は当直あけで午後から非番だったので早速、換装の感想。


画像
みどり矢印が MUSES02 を載せ替えたところ。



曲は昨年4月22日発売の「カーペンターズ 40/40 The best selection」の2枚目トップ「I Need To Be In Love」

このCDはSHM-CDという高音質で計40曲も入っているカーペンターズファンにはお得なCDです。



「I Need To Be In Love」はカレンの発声や唇の破裂音、女声特有のサ行の発音とそれを破綻無く再現しているか、ピアノのペダルの音?などをいつも再生系を変化させた時の比較用に試聴しています。

今回は、まず換装前の LT1112CN8 の音を覚えます。
あまり覚えるのは得意じゃないんですが(次の音を聞くと前のを忘れてしまう......)

そして MUSES02 に交換。

ボリュームがアップしている。全体にエネルギーが増したような躍動感。

サ行はよりはっきり聞こえるが耳に刺さる感じではない。いいですねー

これなら満足です。当分他のオペアンプには触手が伸びないでしょう。


画像



めでたしめでたし。

カーペンターズ~40/40 ベスト・セレクション
ユニバーサルインターナショナル
2009-04-22
カーペンターズ

ユーザレビュー:
カレンの歌声は永遠に ...
聴いていて痛々しいも ...
聴いても聴いても楽曲 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

45gs
2011年04月10日 19:00
はじめましてMUSESで検索しました、Dr.DAC2を使っていますがMUSES01、02をさして大変満足な音です、知人がセッティングした構成がカスタマイズモデルで出るとはビックリです。
takabon
2011年04月11日 00:08
45gsさん、こんにちわ

Dr.DAC2でのMUSESの音色、聴いてみたいですね。

少しでもオーディオをかじった方は分かると思いますが、オペアンプを換装できるタイプのアンプを入手した場合、様々なオペアンプを試してみたくなるものですね
そして次はデジタルへ..みたいな

これからも色々お楽しみください。