震災から2週間

未曾有の大地震。
そして引き起こされた想像を遙かに超えた高い津波で非常に多くの尊い命が奪われ、建物や街が壊滅しました。



いつかは来ると言われていた地震。そのエネルギーのすさまじさに、人間の無力さを感じざるを得ませんでした。

2日前の地震は予震だったのかもしれません。




当直明けでたまたま家(マンション)にいました。妻も休みでいて、息子もいました。

家族全員がいたことは不幸中の幸いでした。

こちらでは震度6強。


揺れ始めて、最初は、TVとスピーカーを押さえていましたがあまりの強くて長時間の揺れに怖くなり、1階に裸足のまま走り降りました。

地震が苦手な妻は息子を連れて一足先に下にいて、泣き叫ぶ知らない若い女性をなだめていました。

極限状態のとき人は自然に肌を寄せ合い助け合えるものなんですね。






長い揺れが終わり強い余震が続く中、3階の自宅に戻って見ると、共用廊下側の玄関ドアの両脇の壁に×印のひびが入り鉄骨が見えています。

部屋の中はよくもまあと思うくらいの物が散乱し、食器は落ちてこなごな、大切にしていたTV脇のB&Wのスピーカー703の筐体にも斜めに倒れたときに2本とも傷が入ってしまっていました。


室内の壁やベランダ側の壁にもひび割れ、コンクリートの梁にもひびが




当日は避難先の中学校のグランドで車の中で夜を明かしました。

自分たちも体育館や、グランドに避難する事になるとは夢にも思っていませんでした。








余震は揺れる度にひやりとし、短ければ安堵し長くて強いと恐怖感に苛まれる毎日です。



職場の病院も1週目は被災して怪我をした人、他病院から団体で搬送された人が多く来院、2週目になって予約の検査患者さんが8割方いらっしゃるようになりました。

その間、電気の復旧は早かったですが、水、ガスは遅れ、給水車が訪れたり、関西方面の自治体、病院から救援隊や物資が2トントラックで来ていただいたりしました。

届いた物資は人海戦術で地下から8階に上げたりと力を合わせました。

3日目くらいから昼、夕と職場で簡単な食事が出されたのも助かりました。




マンションもひびが入ったままですが住み続けています。管理組合では落ち着いたら診断を受け修繕委員会を発足させると言っていますがいつからスタートするやら..........


ライフラインの水道は止まることなく、電気の復旧も早かったのです。
市ガスは復旧まで当初1ヶ月と言われていましたが、新潟からのパイプラインを活かせる事になり、昨日から開通のための工事、確認が始まりました。

今日は開栓は無いようですが明日に期待です(立ち会わないと開栓してもらえないそう)


それからガソリンもスタンドの回りには長蛇の列、はやくいつでも入れられる生活に戻って欲しいです。


とりあえず現在の様子です。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

四丁目
2011年03月27日 12:08
心配しておりました。
ご無事でよかったです。

今こそ、医療人としての使命を果たしてください。応援しております。

何の力にもなりませんが、亡くなられた方々に哀悼の意を表するとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
takabon
2011年03月27日 15:58
ご心配いただきありがとうございます。
そちらは被害等ありませんでしたか?

ようやくスーパーとかも、商品の種類は多くはありませんが行列しなくてもすんなり入店して購入できるようになってきました。

避難所にいる方々には申し訳ない贅沢な期待ですが、市ガスの開栓は今日27日もありませんでした。

ライフラインが一つでも欠ける事は現代人にとって非常に辛い事を身をもって体験したと同時に、いかに生活に大切なそれらが何の心配もない状態で理路整然と整えられていたのかと言う事をいまさらながら痛感した次第です。

来週は今週よりまた少し良くなっている事を期待しています......


kajugumi
2011年04月02日 03:03
ご無事で何よりです。
我が家はそんなに被害は無かったですけど、少し車で走ったら全壊はなくとも傾いたりしている住宅が多い感じです。
津波の爪痕もいまだにあります。
地震後は生きてて良かった!それだけでしたが。

今は原発よりも余震…いや、もうこんな大地震なんか一生来て来てほしくないという気持ちで一杯ですね。

4月がこのまま何事も無く終わっていれば少しは落ち着くでしょうけど。
このまま見守るしか無いですよね。
takabon
2011年04月02日 07:51
kajugumiさん、こんにちは
お家は被害が少なかったようで何よりでした。

こちらは7階建ての3階だったのですが強い揺れの支点になったのか、壁の亀裂と崩落は他の階より激しいです。
管理会社の人が見に来た時に聞いたら、柱部分に損傷がなければ壁に亀裂があっても大丈夫だとは言っていましたが、それだって確認している訳ではないので不安なまま住んでいます。

市ガスもまだですが、まあ、愚痴を言っても始まりません、明日は今日より良くなっていると思いながら過ごそうと思っています。

お互い頑張りましょう。
にゃあ
2011年09月29日 16:16
今更ですが、本当に怖かったですね
こちらは、水道、電気は6日ほど、とまったままでしたが
ガスはプロパンなので早かったです
まだ余震怖いけど、乗り切りましょう

この記事へのトラックバック